処方された抗菌薬を飲みましょう

中耳炎

鼓膜の奥に位置する中耳に風邪などが原因で細菌が浸入し、炎症を引き起こす病気です。熱がなかなか下がらない、耳垂れが出る、耳を痛がる、不機嫌で泣くなどが該当する場合は、急性中耳炎が疑われます。

滲出性中耳炎は、痛みや発熱は伴いませんが、鼓膜の内側に液が貯まるため、耳の聞こえが悪くなります。放置していると難聴になりますので、早めに耳鼻科で診察を受けるようにしましょう。病院では、抗菌薬の処方、耳の中の消毒、鼓膜を切開して膿を出すなどの処置が行われます。

高熱で元気がない場合は入浴しても大丈夫ですが、膿を出すために鼓膜を切った場合は、医師の許可が下りるまで入浴は控えます。耳垂れが多い場合は、耳の穴に綿球を当て、こまめに交換します。寝るときは枕が汚れないようにタオルを敷くとよいでしょう。

母乳やミルクを飲ませる際に、赤ちゃんの頭を高くすると、中耳に逆流するのを防ぐことができます。中耳炎は完治することが大切なので、処方された抗菌薬を指示通りに飲み、長期の治療が必要な場合も根気よく通院します。

副鼻腔炎

鼻の奥の福鼻腔と呼ばれる箇所に最近やウイルスが感染して炎症が起き、膿が溜まってしまう病気です。風邪をこじらせて起こる急逝が多いですが、治りきらずに悪化すると慢性化することもあります。

急性の場合、どろりとした黄色の鼻水が止まらず、鼻詰まりなどの症状があります。慢性化すると、鼻水、鼻水、口呼吸が主な症状で、頭痛、においに鈍感になることもあります。

耳鼻科では、抗菌薬が処方され、膿が溜まっている場合には、副鼻腔を洗浄します。鼻水や鼻づまりが酷いときには吸引などの処置がとられることもあります。

家庭では鼻水を溜めないようにすることが大切です。自分で鼻をかめる年齢の子供の場合、キチンと鼻をかむ習慣を付けさせます。年齢が低い場合は、鼻吸器などを利用して、こまめに鼻水を取り除いてやります。

鼻づまりを緩和させるため、加湿器を設置するなどして、室内を乾燥させないようにします。また、綺麗な空気を保つため、換気を心掛けましょう。風で症状が悪化する場合があるので、早めに治療することが大切です。

このページのトップへ