生活の見直しも治療のひとつ

アレルギー性鼻炎

発熱がないのに、くしゃみ、水っぽい透明の鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどの症状がでます。ホコリ、ダニ、カビなどが原因の場合、その多くは1年を通じて症状が現れる(通年型)一方で、花粉が原因の場合は一定の季節に症状が出ます(季節型)。

耳鼻咽喉科で診察を受けると、抗アレルギーの点鼻薬や内服薬が処方されます。症状が強い場合、ステロイド薬入りのものを短期間限定で使用することもあります。季節方の場合、本格的なシーズンが始まる前に予防処置を受ければ、症状を軽く抑えられます。

家庭では、原因物質を極力避けることが一番の方法です。通年型の場合は、カビなどを防ぐために掃除を頻繁に行ったり、ダニの住処である布団を干したりします。

季節型の場合は、原因となる花粉が飛散する時期には窓を閉める、布団を外に干さない、花粉除去機能がある空気清浄機を利用する、外出時はマスクや専用のメガネを着用するなど、徹底した対策を行えば普段どおりの生活が可能です。

アトピー性皮膚炎

アレルギーがその発症に関与していると考えられている皮膚疾患です。乳児の場合、頬、額、頭、耳の周囲、手足の関節などに赤いブツブツができて、湿っていたり乾燥したりします。

1歳以降になると、関節部に症状が多く現れ、カサカサと乾燥します。痒みが非常に強いのが特徴で、掻き毟ると症状が悪化します。医療機関では、症状にあわせてステロイド薬、抗アレルギー薬、非ステロイド消炎薬、抗ヒスタミン薬、保湿薬などが処方されます。

家庭でケアを行う際には毎日のスキンケアが大切です。発汗やよだれ、食べ物がついたりしたら、その都度洗い流して軟膏を塗るようにします。お風呂上りは、皮膚の乾燥がはじまるまえに軟膏で保湿を行います。

患部を掻くと症状が悪化するので、爪を切ってやすりをかけておきます。痒みを起こさせないように、チクチク刺激のある衣服は避け、寝ているときは温めすぎないなどの工夫をします。

このページのトップへ