頭痛や嘔吐などの副作用もあります

症状が出なくても予防として一定期間服用を続けることが重要

わたしたち人間の体には、アレルギーを引き起こす物質(アレルゲン)が体内に浸入してくると、それに対抗するために抗体をつくる働きが備わっています。

そして、再度アレルゲンが体内にやってくると、日満載棒状の抗体がアレルゲンと結合し、その刺激で肥満細胞からヒスタミンなどの化学物質が放出されます。この化学物質が、皮膚炎や喘息などに代表されるアレルギー症状を引き起こすのです。

抗アレルギー薬は、こうした化学物質が放出されるのを抑え、アレルギー反応を起こしにくくする作用があります。処方の対象となるのは、アトピー性皮膚炎や気管支喘息などで、アレルギーが関係していると診断された場合です。

この薬は服用後すぐに効果が現れることはなく、数ヶ月から長いもので数年と、一定期間服用し続ける必要があります。症状が出ていなくても予防として毎日飲み続けるのです。

そのため、服用を開始したら、定期的に医師の診察を受け、薬の効果や症状を診てもらい、指示に従いながら根気よく続けることも大切です。副作用として、眠気、眩暈、頭痛、嘔吐などがあらわれることもあります。

薬によって、稀ですが痙攣や血尿が現れることもあります。

リザベン
ヒスタミンなどの化学物質の働きを抑える働きがあります。眠気を催すことも少なく、子供にもよく使われます。

アレギサール
アレルギーに関係する化学物質の遊離を抑制し、主に気管支喘息の予防に使用されています。

シングレア
喘息の発作を起こしにくくします。効果の持続は大です。水無しでも口に入れて溶かすことができるチュアブルタイプもあります。

このページのトップへ