下痢の原因には様々な疾病が隠れている場合も

ウイルス性胃腸炎

秋・冬に感染するケースが多い病気で、症状としては白っぽい下痢便を特徴としており、嘔吐や発熱が見られますケースもあります。ノロウイルス、ロタウイルス、アデノウイルスなどにより、人に移る病気です。

医療機関では脱水予防と下痢の症状を緩和させる薬が出されます。下痢の色が診断の際に重要となりますので、受診の際には医師におむつを見せましょう。嘔吐が続いたり、脱水症の心配があるときは、点滴や入院が必要となります。

吐き気が強い1〜2時間のうちは何も飲ませず、少し落ち着いてから水分を少しずつ補給するようにします。薄めたリンゴ果汁や小児用イオン飲料などがいいでしょう。吐き気がなくなり下痢だけになったら、便の様子を見ながら、消化のよいものを少しずつ食べさせます。

オムツをしている場合、下痢を繰り返すことでおしりが荒れてしまっているので、毎回シャワーで流して清潔を保つようにします。爛れた部分はベビーオイルなどでケアします。

便秘症

便が長期間直腸に溜まった状態になると、便に含まれる水分が体に吸収されすぎてしまい、硬くなってトイレで力んでもなかなか出てこないようになります。

原因は、肉料理中心などの食事の偏りや生活習慣の乱れ、運動不足、水分接触の不足などが多く、家庭のケアで治る場合が大半です。母乳栄養の赤ちゃんで1週間ほど便が出ないことがありますが、飲みがよくて、腹部の張りがないばあいは心配ありません。

あまりに頑固な便秘の場合は、病院で医師に診てもらい、便秘薬の座薬を処方してもらったり、浣腸を行うことがあります。

家庭では便秘の状態が慢性的にならないように早めに解消することが大切です。そのためには、水分を多めにとったり、体を動かす遊びで内蔵の動きを活発にさせるなどの工夫が必要です。食事では、食物繊維が豊富な野菜(ほうれん草、カボチャ、サツマイモなど)をたくさん与えましょう。

赤ちゃんがとても辛そうにしている場合、オイルをつけた綿棒をお尻に出し入れする綿棒浣腸を行うように医師からアドバイスされるかもしれません。お腹が張っているときは、下腹部を「の」の字にマッサージして腸の運動を促進させます。

このページのトップへ