保健所を活用しましょう(定期健診、予防接種、医療費助成など)

お住まいの地域に必ずある保健所は、皆さんの健康に関する仕事をしていますが、赤ちゃんを持ったママさんには最も身近な相談機関でもあります。公共の施設ですので、無料で以下に挙げるさまざまなサービスを受けることができます。どんどん活用しましょう。

乳幼児の定期健診
自治体によって保健所で実施されるものと、指定された病院で実施する2タイプがありますが、いずれも無料で健康診断と保健指導を受けることができます。疑問に思っていることを医師に直接訊くことができる機会ですので、かならず受けるようにしましょう。

母親・両親・育児学級
産婦人科・歯科の医師、保健師、助産師、栄養士など各分野のスペシャリストに妊娠や出産、育児に関する話を聞いたり、指導を受けることができます。

育児相談
お住まいの地区を担当している保健師が、必要に応じて家庭訪問や電話同断、面接を行ってくれます。必要なら病院の紹介もしてくれます。また、生後28日までの新生児については、助産師が家庭訪問してくれるところ(横浜市ほか多数)もあります。

栄養相談・教室
赤ちゃんの離乳食に頭を悩ませる方は少なくないでしょう。保険所では、栄養士が離乳食や幼児食の指導をしてくれます。調理講習会などを開く保健所もありますので、積極的に参加してみましょう。

予防接種
赤ちゃんの病気を予防するため、ワクチンを身体に入れて、免疫を作るのが、予防接種です。指定された期間内ならば無料で受けられる定期予防接種のほか、インフルエンザなどの流行に備えて行われる臨時予防接種などがあります。

医療費助成
難病、精神疾患、小児慢性疾患などには、医療費の助成制度が設けられています。赤ちゃんがそれらの病気にかかったときには、必ず相談しましょう。

1ヶ月健診は病気の有無だけでなく、医師に相談できる貴重な機会

疑問は小児科医に訊きましょう

赤ちゃんに先天的な病気がないかを調べたり、母乳の飲み方や排泄、体重の増加に異常がないかを調べて、今後の検診の参考にするために行われます。

また、医師や保健師に話を聞いてもらう貴重な機会でもありますので、慣れない育児で心配なことや気がかりな点がある場合には遠慮なく相談しましょう。

1ヶ月健診で医師は、身長・体重・胸囲・頭囲の計測、心音・肺の音、呼吸状態、四肢の動き具合、姿勢、顔の表情などを見ます。ペンライトを目に当てて大まかな視力を、また耳元で拍手をして聴力をチェックしたりもします。

また母乳のビタミンK不足による欠乏症などを予防するため、ビタミンKのシロップを赤ちゃんに飲ませます。そのほか以下のような点をチェックします。

神経系に異常がないかどうかを調べるために、@掌に親指を当てて、赤ちゃんが握り返してくるか(把握反射)、A頭や背中を持ち上げて話したときの手の動き(モロー反射)、B手を引っ張って起こしたときの頭や手・足の動き(引き起こし反射)などをみます。

母乳を吸う力をみます。体重の増加が芳しくない場合は、母乳の飲み具合を聞いて、その場で実際に飲ませることもあります。飲ませ方に問題があるときはキチンと指導を受けましょう。

股関節の脱臼の有無を見るため、ベッドに押し付けるような形で両足を広げます。開き方に問題があっても必ずしも脱臼しているとは特定できないこともあり、3〜4ヶ月健診まで様子を見るケースもあります。

喉が腫れていないか、口の中に白いカビが生えていないかをみます。歯茎に白い塊や歯が見える子供もいますが、多くは心配要りません。鎖骨と耳の後ろを結ぶ筋肉に異常があると、首が上手く回らずに頭が斜めに傾いた状態(斜頸)になりますが、多くは成長とともに自然に治ります。

このページのトップへ